【研修・講義動画】動画撮影・配信@大阪府 

関西の官公庁からのご依頼で動画撮影と編集で参加させていただきました。


編集のパターンは

スライド(パワーポイント)の差し込み…を主体に、ディスカッション等ではマルチカメラを用いるといった具合です。

スライドといってもアニメーションの多少やマウスポインターの使用等、動画編集の際にいくつか注意点があります。このあたり、自治体のご担当者様が予め確認をしていいただいていた事でスムースに進める事ができました。


ご覧の皆様で講義や研修などの動画作成をお考えの方がおられましたら、ご相談の上でよりよい提案をさせていただきます。大阪市内であれば動画撮影の候補となる会議室等もご紹介させていただきます。


また、短時間の場合は大阪・兵庫(神戸)・京都が主体となりますが、終日または連日でありましたら名古屋や東京方面でも、ひょっとするといつもの業者さんよりリーズナブルなご提案ができるかもしれません。

お気軽にお問い合わせください。


(memo=CANON・XF405/XA55)

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大阪大学医学部附属病院を拠点にがんや難病の患者さんとそのご家族・近親者向けの「哲学対話」の活動を行なっている法人様より、セミナー撮影のご依頼を頂戴し、編集が佳境の段階に入りました。 元々はパワーポイントを差し込む(実際の講義と同じように同期させる)編集のご相談だったのですが、先生からのご要望で二台のカメラをスイッチするマルチカメラ編集に変更となりました。 想定と異なるイレギュラーが事もあったようで

介護アドバイザーの高口光子先生の介護セミナー「やりたいケアを形にする!」(主催=くるんば様)に、今年度も動画撮影と編集で参加させていただきました。 受講生が集まるセミナー・研修はコロナの影響を直撃していますが、それだけに動画配信に活路を見出していただくケースもございます。 また、高口先生の講義は密度たっぷりなため、見直し聞き直しが効くという意味でもオンライン視聴は価値があると感じます。 今回はくる

9月に入り、少しずつ文化祭・合唱コンクール等の動画撮影・DVD作成のご相談が増えてきております。 このジャンルのご依頼におかれましては、著作権関係の対応をどうされるか?が重要となります。 新規のお客様におかれましては、例年どうされていたか?を改めてご確認いただくとともに複数回のすり合わせにご協力をお願いいたします。(例えばジャスラックの対応について) なお、当方はJASRACと契約をしておりますの